スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

前結びを練習中です。


JUGEMテーマ:ファッション
帯は後ろできちんと結べなきゃ、着物を着る意味がない、なぁんて
勝手に思ってまして、頑なに後ろで結んでおりました。
でも、お太鼓柄の出方やタレの長さの調整など、細かいところで
やりにくく、着物を着るのがなんとか30分でできるところまで上達したのに、
そのあと、帯でさらに30分かかり、柄が気に入らなくてまたほどき、、、など
やっているうちに1時間過ぎたー!なんてことが多々ありまして、
気に入ったお太鼓がらを出して結びもきれいにするには前結びに挑戦してみた
ほうがいいんじゃないか?と思い直し、練習することにしました。

そこで、ネットであれこれ見てましたが出来上がり図がいまいちだったり、
前結び専用の道具(なんとかバンドやらなんとかクリップとか)を使わないと
いけなかったり、ピンとこなかったのですが、少し前からいつもオンラインで
チェックしている呉服屋さんの「帯結び講座」がアップされており、これが
とっても役に立ちました。特別なものはくるりと回せる帯板を使うくらいです。

お太鼓結び
http://youtu.be/FshLBAI0cWg
さてさて、今年は何回着られるのかなぁ>着物

 
でぼら♪ | 着物 | 12:43 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

お正月に着物を着ました

JUGEMテーマ:ファッション

寒中お見舞い申し上げます。
今日はホントに寒いです。明日から「寒波」がやってくるそうです。
なんだかやたらに冷え込んできた気がします。
キライ、寒いのキライ。眠くなっちゃうし、太っちゃうし。

昨年はなんだか忙しくてめっきり着物を着る機会が少なくなって
しまいました。
4月と6月(だったかな)に歌舞伎座へ着物で行ったきり。
あっ、二回しか着てない??あらまぁ。
リサイクル着物やさんでたくさん仕入れてもまだ袖を通してないものもあります。
今年はもっとたくさんの着物たちをお日様に当ててあげなくては!

新年はそんなことも念頭に置き、さっそく正月2日に着物を着ました。



なにしろ昨年は前半に二回着ただけなので、というのは言い訳なんですが、
この日、ヒートテックシャツとヒートテックレギンスを着用し、その上から
いきなり長襦袢を着ちゃっています。
肌襦袢のことをまったくすっかり忘れてしまっておりました。
夕方、脱いでから「はっ?」と気づいた次第であります。
どうりで長襦袢の収まりが悪かったはずだ・・・。

この江戸小紋は、江戸小紋専門店の表参道「染一会(そめいちえ)」さんで
誂えました。今度はこの着物に合う長羽織が欲しいなぁ。
道行と普通の羽織もたくさんあるのですが、な、なんと、裄が着物と合わなかった!
無駄遣いしないで羽織貯金しようかな。

それではみなさま、
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
でぼら♪ | 着物 | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

着物の本がたくさん出てます。

このところやたらと着物の別冊本が発行されているのが気になります。
業界的にフィーチャリングしてるのかなぁ。

私が着物にはまり出した3年前には私の年代(ミドルね)が楽しく読めるようなのは
「美しいきもの」「きものsalon」「七緒」くらい。
あとは着付けの本とか。
ファッション雑誌みたいな間隔で着物本が出てくるのはけっこううれしい。

常々、男性も着物を着たらカッコイイだろうなぁって思っていたのですが、
そんなところにこの↓本が。


男を上げる「着物」読本 (プレジデント×七緒 ムック)

いやー、素敵ですね。
でも着物はすこーし(少しだけね)お腹にお肉がついていたほうが素敵に
着こなせるかもしれません。帯も納まりがよかったりして。
帯にお腹が乗ったらヤだけどね。

あと、私らより一回りくらい年下の30代半ばあたりをターゲットにした着物本が
2冊。


大人が始める普段の着物 (ナチュリラ別冊)

普段の着物、といっても木綿やウールじゃない限りスーツを買うよりは断然お高い。
着物だけじゃすまないからね。下着・長襦袢・足袋・帯・帯締め・帯揚げ。
一から揃えたらけっこうなお値段です。
興味のある人は幼い頃から着物というものに親しんでいておばあちゃんやら
おかあさんやらの着物関連のものがあることが多いのかもしれない。
それならローコストだけど。
私もその口です。自分で一から揃えたら、、、リボ払いですな。


いろはにキモノ 2012年 12月号 [雑誌]

ハースト社の掲載サイトより抜粋====== 

もっときものを愉しむためのスタイルマガジン 「大人キモノ始めます。」 
80年代後半、ティーンに圧倒的に支持されたファッション誌「mcSister」。
その当時、大人気だったモデルたちも30代。ファッションセンスを磨い た
彼女たちが今注目しているのが”きもの”の着こなし。「いろはにキモノ」は
そんなオシャレな女性たちに向けた、大人のきものスタイルマガジンです。

 ==============以上 


ほんとに着物に注目しているのかな? そうだったら楽しい。 
自分で着るのも簡単ですよ。 私ももっと早く練習してたらって思いました。 
友人たちが「自分で切られるからDVDと本で練習してみたら」と背中を押してくれて、 
やってみたら一月くらいの集中練習でなんとか形になることが出来ました。 
私は以下の2冊を使い倒しましたヨ。

手ほどき七緒 大久保信子さんの着付けのヒミツ(プレジデントムック) (プレジデントムック 七緒別冊)

大久保せんせいのゆったりしながらしっかり着られるコツがたくさん載ってます。
まずはこれで着られるようになりました。
その次に「他に違った手軽な着付けはないものか?」と思って買ったのがこちら↓。

DVDで着物の手ほどき 着付けと帯結び

この2冊でここまで着られるようになりました!


着物ブームが着てみんなが気楽に着てお出かけできるようになると
楽しいですね。
もっといろんなものが買いやすくなるかもしれないし。
そういえば私が若い頃、四半世紀前くらいにデザイナーズブランドがニューキモノ、
みたいなコンセプトで現代柄の黒や原色の着物がたくさん作られていて、
成人式にはそいういうのを着ている人もたくさんいました。
ゆかたは今も細々と作られてるけど、あんなブームも来るのかも。
流行は20年くらいで繰り返してるみたいだし。

12月7日にはいつも愛読している「七緒」が発売。
これには私が上記の写真で着ている江戸小紋を誂えた「染一会(そめいちえ)」さんが
掲載されているそうです。拝見するのが楽しみです。
そして、締めている帯は博多献上。
これは今年の1月初めに博多に行った時に初売りでお安かったので見るだけのつもりが
ついつい衝動買い。私のは五献上というのですが、柄のそれぞれに深い意味があって
縁起物好きな私は気がついたらカードを出していました。
でも、軽いのにしっかりしまってお太鼓の形も崩れず、噂どおりとっても締めやすいです。
こちらは「千年工房」という織元さん直営のお店で買いました。
首都圏には「awai」さんというお店があります。モダンな柄が多いかな、こちらは。
新宿伊勢丹でイベントをやってらっしゃって一度見たことがありますが、シンプル
だけど「うっとり」しちゃうような光沢のある素敵な帯ばかりでした。

着付けてもらわないと着られない、メンドクサイ、ってのが大半だと思いますが
少しでも「着物を着たい」って思ったらぜったい自分で着られちゃいますから。

これだけ立て続けに別冊が出てると「業界がしかけてる?」なぁんて下世話な
考えをしてしまうけど、それはそれで着物好きとしては楽しいかな。

でぼら♪ | 着物 | 10:02 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

江戸小紋染め上がりました!

JUGEMテーマ:ファッション
 
表参道の江戸小紋のお店「染一会(そめいちえ)」さんでお願いした江戸小紋が
染め上がってきました。メール連絡と一緒に画像も送ってくれました。





やっぱりひとつは欲しい、「紫」で正解!
よくばりな私には柄ひとつには絞りきれなかったところで選んだ「寄せ小紋」も
大正解!でした。

採寸してもらいにいかなきゃいけないんだけど9月半ばになりそうです。
袷だから十分間に合うけど。
楽しみだなぁ。
でぼら♪ | 着物 | 16:22 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |

単衣の大島

JUGEMテーマ:ファッション
 
今日はすごい嵐ですね。
朝はさわやかに太陽も出て、ぽかぽかで、気持ちが良かったのですが、
正午近くになるとくらーくなってきて、午後2時前には風が強く、雨も降り出しました。
仕事がお休みだったのですが、天気が悪いとボーっとしてしまい、体もおもーくなり、
(ダル重〜、ってやつです。)なんもせず、雑誌を見たりPCで遊んでました。

で、思いついたように着物関連をアップしているわけです。
さて、これは昨年の9月。博多の「放生会(ほうじょうや)」というお祭りに行ったときの
着物です。



足が「ガニ股」ですみません。もうちょっと内股を意識します、今後。
これは9月15日過ぎだったので、8月一杯の浴衣はやめにして
単衣にしよう、と思って絽の長襦袢に単衣の大島、博多織半幅、夏草履、というカッコで
行ったのですが、そんな人は私だけでした。

みなさん、ゆかた、浴衣、ユカタ〜。
お祭りだし、あっついし、まだまだユカタでいいのねーー?
でもさ、根が真面目な私。9月は秋じゃん?
大人の女は単衣だろー?なんてかっこつけちゃったわよ。

しかし、かなーり暑かったです。汗だくでした。
この後、夫のマンション近くのカジュアルなビストロへ行ったのですが、
「そのままでいいじゃん」っていう夫に「汗だくで早く脱ぎたい」と一旦家に戻って
着替えてから出かけたのでした。

ということで、今年の9月の放生会には浴衣にしようと思いました。
綿紬が欲しいなぁと思っています。

でぼら♪ | 着物 | 17:14 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

博多織五献上

JUGEMテーマ:ファッション
 
今年1月に博多に行ったときに時間があると立ち寄る「博多一十」という呉服屋さんへ
行きました。
呉服屋、といっても一歩踏み込めば気軽に見せてもらえる安心なお店です。
スタッフの女性たちも若い方が多く、彼女たちの着姿を見るだけでも楽しい。
(おばちゃんとしてはね。)

夫と一緒に大濠公園にある美術館でダヴィンチ展を見た後、
散歩がてら歩いて家に帰ってる、という夫と別れ(一緒に来られるとヤバイので
心の中でシメシメと思っていた)、中洲川端へ向かったのでした。

2012年初売り中、ということで半襟や帯締め・帯揚げも格安。
帯は「見るだけ見るだけ」のつもりで畳敷きの奥へ入りました。

見るだけなんですが、と、宣言する私に親切に笑顔で接客してくれた私より
年上のおばさま販売員の方、献上やら手織りのものやらいろいろいやがらず
見せて下さいました。

いいなぁ、やっぱり博多織。しゃきっとして粋な感じ。
最初に博多織を買うなら献上だよなぁ。。。などと一人で考えながら
見ていたら・・・。

「献上をお探しですか!いいですよー」とイケメンの作務衣ちっくな装いの男性店員さん。
献上柄についての意味を丁寧に教えてくれました。

「これは『勝ち色』といって、黒でもなく紺でもなくなんとも言えない色なんですよ。
柄は紫の糸が使ってあって全体的に見るとなんともいえない深い色合いになるんです。」と
見せられた帯に、ガツン、と来てしまいました。
いろいろ負けていた感のあるわたしに「勝ち色」。
これは縁起を担いで初売りだし、買うしかないじゃん、って直感。
お値段もお手ごろな感じ。仕立て代おまけしてくれるっていうし。

ということで買っちゃいました。博多織金印五献上。



実物はもっともっと深みのある色です。
見る角度によって色の感じ方も違ってきます。
独古と華皿が5本ならんでいるので五献上。
この柄も織元さんによって違うそうです。



お太鼓部分は二重にあわせてありますが、そこにさりげなく
織元さんの名前「千年工房」と織られています。
わたし、けっこう、こういうの好き。

いつ締めようかなぁ。楽しみ。

あ、そうだ。
ここ、博多一十さんは3月半ばで閉店して、リニューアルオープンしました。
博多座の道を挟んでお隣のビル、博多リバレインの地下だそうです。
私はまだ行ってないのですが、次回福岡に行った際に覗いてみようと思います。

この系列店が六本木にあります。「awai」さん。
新宿伊勢丹に展示販売されています。でも常設じゃないみたい。
こちらの帯は一言で言うと「モダン」
洗練されたシンプルモダンなイメージです。
こちらの帯デザインもいいのですが、まずは伝統的なものから、ということで献上を
選びました。年かな。

さて早く着物を着ないとあっという間に単衣や薄物になっちゃうなぁ。
4月半ばに昔やってたロックバンドのメンバーと集うので、その時に着物で行こうかな。


でぼら♪ | 着物 | 11:51 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

日本橋三越にて「泥大島と硯箱の帯」

JUGEMテーマ:ファッション
 
2月にあった書家の秋葉生白先生の日本橋三越でのイベントに参加した時の着物です。

泥大島と塩瀬

泥大島はお友達のpenちゃんから譲っていただいたもの、とってもいいお品です。
帯は書家の先生のお話を伺うので硯箱が描かれた紫色の塩瀬名古屋帯です。
後姿を撮るのを忘れてしまったのですが、お太鼓柄はふたのあいた硯箱が描かれています。
帯締めは紫の反対色であり、八掛と同じ色の山吹ぽい黄色にしました。
衿がね。。。うまく抜けなくて。
きっちりあわせちゃって。帯も好きで下目に結んでるから、水前寺清子になっちゃってます。

あのあと、友達に指南を受けたり、ネットや本で調べて、うまく抜けて戻りにくい方法を
見つけたので次回実践してみるつもり。

5月29日に秋葉先生のカルチャースクールがあるのでまた着物で行きたいです。
もう単衣でもいいかもね、この頃。
でぼら♪ | 着物 | 13:43 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

浅草歌舞伎に行った時のコーディネート

JUGEMテーマ:ファッション
 


やっぱりあまり衿がきれいに抜けませんでした。
もうすこーし抜きたいです。

着物は五箇谷さんで買った小紋。
点々と白いところは絞りになっています。

帯揚げはオレンジの濃い色。日本の伝統色時点だと「朱色」っぽい。
帯揚げは小田巻締めで「臙脂色」かなぁ。

帯はヤフオクで買った「正倉院文様」だそうで、市松の中にいろんな柄が
織られています。私の好きな花喰鳥もいます。

この上に母親から譲ってもらったやはり「臙脂色」に唐草っぽい柄の道行き
を着ていきました。

でぼら♪ | 着物 | 17:28 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

夏着物と帯、小物

JUGEMテーマ:ファッション
 
夏帯がなかったので先日購入。
たんす屋バーゲン(でも催事場じゃなかったのでそれほどお値引きなしでした)で
絹・紙糸・その他繊維の入った帯をゲット。
それから絽の帯揚げと夏の帯締め。



帯:7140円
帯揚げ:2100円
帯締め:2100円

五箇谷さんで購入した紬の単衣にはこの小物は同系色過ぎてつまんないかな?



こっちの帯締めは五嶋紐でいいものです。帯揚げはセットになってたもの。

で、義母からもらった夏着物を広げてみた。



光の反射で色が違ってるけど無地です。黒に近い濃紺。
すけてるんだけど張りがあって硬いから麻かなぁ。カビもなさそうで
衿もきれいなので生洗いはやめにしました。



こっちも真ん中あたりのベージュ色が本物に近いです。
これも硬い生地。紬??

あ、半襟つけなきゃ。
(まだ言ってる。。。)
でぼら♪ | 着物 | 15:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

五嶋紐と帯揚げゲット!

JUGEMテーマ:ファッション
 
「五嶋紐」、私もゲットしました!
しかも欲しかった色。帯揚げとセットなのでお手ごろだと思います。
うれしい。
眺めているだけで満足です。



ここ、前にも「山庄」の草履を買ったのと同じところでした。

早く〆たいなぁ。
でぼら♪ | 着物 | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/2PAGES | >> |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS

おすすめモニター
Amazon ウィジェット
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH