スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

【合掌】 漫画家:やまだ紫

JUGEMテーマ:読書

学生時代に神田の書店で見つけ、好きだった漫画家、やまだ紫さんが亡くなった。 
細くて美しいタッチの漫画。ふきだしの中のせりふとその合間に入る詩のような感情。

やまだ紫の漫画に出てくる女性はふんわりとしているが強い。
感性が鋭いからあれこれ傷つきやすいが、それを自分の意思で跳ね返す強さのある女性。素敵だな、こんなお母さんになりたい、と思ったものだ。
結婚・出産・子育て・仕事ですっかり漫画から遠ざかってしまったが、やまだ紫の作品は、何もかかれてない(内容がない)のに次々に出版されるヘンな小説とは比べ物にならないほどの良い本だと思う。いまどき、こういう漫画を手にとって読んで感慨にふける、みたいな女の子はいるのかな。
とっても素敵な本だから興味があったらぜひ読んで欲しいです。

アマゾンでリンクしようと思ったのですが、画像がないのでやまだ氏のオフィシャルサイト、
やまねこねっとから「著作一覧」で見て下さい。

私が持っているのは、

性悪猫
しんきらり (ちくま文庫)
ゆらりうす色 (ちくま文庫)
空におちる (カワデ・パーソナル・コミックス (1))
Blue sky (中公文庫―コミック版)

最初は「ガロ」で読んだんだっけ。
杉浦日向子といい、やまだ紫といい、素敵で才能があって心をつかまれる漫画家
(作家といってもいいかな)がいなくなってなんかさみしい。

ガロと宝島(昔のね)もなくなってつまんない。
でぼら♪ | 漫画 | 07:18 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

パノラマ島奇譚

JUGEMテーマ:読書


  パノラマ島綺譚 (BEAM COMIX)

丸尾末広が江戸川乱歩の『パノラマ島奇譚』を漫画化していました。
知らんかったよー。買いだぁ!

丸尾氏のオフィシャルサイトもありました。
楽しいですよ。

丸尾地獄
http://www.maruojigoku.com/


追加
今、サイトの掲示板見たら丸尾氏本人の書き込みで『芋虫』も執筆中とか。
「思いっきりエグいです」だってー。
シリーズ化しそうですな。「陰獣」「人間椅子」描いてほしい。
でぼら♪ | 漫画 | 15:05 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |

(私たちの間で)話題の漫画家

JUGEMテーマ:趣味

思いがけず、やっぱり好きな漫画化がほぼ一緒だった、昔からの友達のみなさん、こんにちは。
マイブーム(?)な日野日出志さんを探してみました。

 『ホラーアーティストクラブ』 

フレームページなので、左のメニューから「日野日出志」さんをポチっとしてください。
案外普通なおじさまだったよ。準備中なのが残念ですが。

あと、ファンの方が作っているサイト、こっちに日野先生の詳しい作品解説があります。


地獄の子守唄 (マジカルホラー (3))

高い値段になってるー。これじゃ読めないよ。
日野先生がこの漫画の扉で、「絶対にこの物語を読むな!」っていうんだって!
「夜寝る前に読むと寝るのが怖くなるので、昼間読みましょう。」って書いてあるんだけど・・・



わたなべまさこ先生はまだ書き続けてらっしゃるようです。

聖ロザリンド (ホーム社漫画文庫)

ガラスの城 (第1巻) (ホーム社漫画文庫)

「ガラスの城」ってどんなのだっけ?たぶん読んでるんだけど覚えてない。
それだけ「聖ロザリンド」のインパクト強かったのかも。

でぼら♪ | 漫画 | 08:14 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

【漂流教室】by楳図かずお (思い出の漫画)

漂流教室 (1)
漂流教室 (1)
楳図 かずお


ある日小学校全体が突然未来の地球にタイムスリップしてしまうのです。
そこは砂漠化していて、人類も滅亡し、水も食料も無い、、、ああコワイ。
そんな地球でなんとか生きなければ!と努力する子どもたちを描いて
います。

これは私が小学生の時に少年漫画(チャンピオン・マガジン・サンデーの
どれか。。。覚えてないー)で連載中のものを読んでいました。
自分が主人公だったら、と考えるととっても怖かった。

「自我を捨てて椅子になる練習」とかしちゃったりして。いや、ほんとに
しましたよ。タイムスリッピとか四次元とか信じてたもん。

母親になった今、小学館文庫のものを全館そろえました。
(今は友人宅にお出かけ中)
そして、主人公の母親が息子のために周囲のいぶかる目に反論しつつ、
現実世界にいながら息子のメッセージを敏感に受け止め、彼の世界にいる
息子を助ける、という、その姿に共感しています。母は強し!
・・・書いてるうちにもウルウルしてきちゃった。

また、主人公の「高松翔」が一生懸命な男の子でよいっ!
イヤな小ガキも登場します、もちろん。

楳図かずおって、恐怖漫画家ってイメージが強いしそのとおりなんだけど、
中には漂流教室のようなロマンのある作品も描いています。
ぜひ読んでみてくだい。親子で読めますよ!
でぼら♪ | 漫画 | 10:43 | comments(7) | trackbacks(0) | - | - |
1/1PAGES | |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
PR
RECOMMEND
RECOMMEND
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS

おすすめモニター
Amazon ウィジェット
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH